ギフトマナーの基礎知識

ギフトマナーの基礎知識

ギフトマナーの基礎知識

お祝いギフトを選ぶ時、気をつけなければいけないマナーがいくつかあります。
例えば贈る時期、縁起など細かいことまで考えれば様々なものがありますが、基礎知識について解説していきます。
一般的なお祝いギフトの品物には、のし紙をかけるのがマナーです。

こののし紙にもマナーがあり、祝い事によってのし紙が変わってきます。
日常の贈り物や、出産や新築、昇進などの繰り返してもよいお祝い事には、紅白蝶結びの水引とのしが印刷されたものを使用します。
ただし、魚介類や肉類、お酒などの生臭物を贈る際には、のしがついていないものをかけます。
のし紙は略式のもので、正式のお祝いギフトでは、和紙のこよりに糊水をひいた水引と折りのしを使用することを覚えておきましょう。
のしとは、祝儀袋やのし紙の右上についている紅白の折方のことです。

本来は、のしあわびといい、昔は神事などのお供え物として、お酒とあわびを薄くそいで平らに伸ばしたものを使っていました。
古来、あわびが最高級品の贈答品だったので、大切な贈り物を表すシンボルとなり、次第にのしあわびを和紙に包んだ形ののしと称し、贈答品に添える現在の形になりました。
結婚や目上の人の贈り物には「真」、同僚や目上の人への贈り物には「行」、親しい人への贈り物には「草」、目上の人から親しい人まで幅広い贈り物には「蝶花形」ののしが使われます。

水引について

水引とは、贈り物の上包みを結びとめるものです。

その由来は古代の神事の供え物を束ねる紐だとされています。
水引で包まれた贈り物には、不浄なものでないという意味が込められているのです。

元々は細い赤い色の帯状の紙が水引には使われていましたが、現在のこよりへと変化をしていきました。
水引の結び方には様々な種類があります。
蝶結びは、結び目が簡単にほどけて、何度も結び直せるので、繰り返してほしいお祝い事に使用します。
結びきりは、結び目が硬くほどけないので、結婚などの繰り返さないことを願う祝い事に使用されます。
結び切りの変形として、あわじ結びもよく使われています。
あわじ結びは紐が複雑に結び合い簡単にはほどけないので、末永いお付き合いという意味が込められています。
また、現在は結び切りの「切り」を嫌い、婚礼用に輪結びを用いたり、目じりの小じわを表しそれができるまで添い遂げるという意味を込めた老いの波を用いたりもしています。
水引の本数は、奇数が基本です。

一般的には5本が使用され、より豪華なお祝いには、7本結びや9本結びが使用されます。
色は濃い色が右側にきます。
慶事には、白赤、銀金、赤金が用いられます。
Copyright (C)2017ギフトマナーの基礎知識.All rights reserved.