ギフトマナーの基礎知識

ギフトマナーの基礎知識

花を贈る場合

お祝いギフトに花を選ぶ人も多いのではないでしょうか。
華やかで贈られた人に笑顔を与える花のプレゼントはお勧めです。

また、旬の花を選べば季節を感じることもできるでしょう。
しかし、花をプレゼントする時はそれぞれの用途に合わせてお勧めのスタイルやマナーがあるので気を付けましょう。
誕生日祝いにお勧めのスタイルは花束やアレンジメントです。

季節の花で、できるだけ明るい色のものを選びましょう。
相手の好きな花や色をイメージして、相手に合ったものを選ぶと喜ばれるはずです。

相手の都合を考えた上で、数日前から当日までに届けるようにしましょう。
日程がずれてしまった場合は、メッセージカードなどを利用して一言添えておくほうが望ましいです。

結婚祝いには、アレンジメントがお勧めです。

当日の荷物を考えて、予め贈るようにしておく方がいいでしょう。
新生活を祝うギフトでもあるので、明るいイメージの花を選ぶようにしましょう。
花ことばにも注意し、別れの意味を持つものは避け、異性に贈る場合は、愛の意味が強すぎるものは避けた方が無難です。

式の一週間前までに贈るのが一般的です。

会場に贈る場合は、確認をしておくことが必要です。

手渡すのが正式ですが、都合によっては配送してもらっても失礼にはなりません。
結婚記念日に贈る場合は、夫から妻にプレゼントするのが正式です。

銀婚式や金婚式など大きな節目にあたる場合、子供や孫たちから、感謝の気持ちを込めた花を贈るのもいいでしょう。

その他のお祝いにおくる花

新築祝いや引っ越し祝いには、ブリザードフラワーや観葉植物がお勧めです。

新居のインテリアとして残せるものがいいでしょう。
親しい間柄ならば、相手に希望を聞くのもいいと思います。
「御新築御祝」「御新築祝」「祝御新築」として贈ります。
火を連想させるような赤い色はタブーとされているので気を付けましょう。
開業・開店・移転祝いは、アレンジメントや観葉植物がお勧めです。

スタンド花を贈る場合、予め設置スペースがあるか確認をしておきましょう。
間柄にもよりますが、1万円程度のスタンド花、生花アレンジメント、胡蝶蘭などの華やかなものが一般的です。

前日か当日の開店前に届けるのが良いです。

差出人は「御社名」または「御社名+代表者」が一般的です。

公演や発表会には、花束やアレンジメントがいいでしょう。
一般的には縁起の良いものか実用的なものを贈ります。
渡す場所や持ち帰る場合などのことも考慮する必要があります。
出演者をねぎらいはげます目的で贈るお祝いギフトです。

当日行くことができない場合は、メッセージカードなどを添えて楽屋宛に贈るといいでしょう。
個展やギャラリーの場合はアレンジメントがお勧めです。

注文の時に、何を目的にしている個展なのか伝えると、その個展の雰囲気に邪魔にならないように配慮してくれるはずです。

開催期間や開催場所を確認し、開催初日か主催者が会場にいる日に合わせて贈ると良いでしょう。

お役立ち情報

Copyright (C)2017ギフトマナーの基礎知識.All rights reserved.