ギフトマナーの基礎知識

ギフトマナーの基礎知識

お祝いギフトの渡し方

お祝いギフトを渡すときにも渡し方のマナーがあります。
最も格式高いフォーマルな場で贈り物を渡すとき、折敷や進物盆を使用します。
折敷や進物盆に贈り物を乗せて、ふくさをかけて風呂敷に包み持っていきます。
部屋に通された後に、風呂敷とふくさは取ってたたんでおきます。
品物は折敷や進物盆に載せたまま、水引を相手側に向けて差し出します。
ふくさとは、祝儀袋や香典を包む小さな袋のことをいいます。
ふくさで包む理由は持ち運ぶ際に袋が汚れたり曲がったりすることを防ぐためです。

ふくさには二つ折りで袋は挟む「挟みふくさ」とふくさを載せる式台がついた台付きふくさがあります。
祝い事では、赤やピンクなどの明るい色のふくさを使用します。
ふくさがない時には、小さい風呂敷や絹のスカーフで代用してもかまいません。
また、風呂敷を用意できない時やフランクな場であれば紙袋でも構いませんが、風呂敷は使わない時は小さく折りたたんでバッグなどにしまえるので保管やもち運びにも便利です。

風呂敷はチリよけの意味もあるので風呂敷を包んだままテーブルなどに置くのはマナー違反となります。
贈り物は通常、先方方を訪問して渡しますが、最近では共働きなどで留守がちの人も多く、郵送や宅配便で贈ることも増えています。
その際、贈り物を持参できなかったお詫びを一言添えておくとより丁寧になります。
のしには内のしと外のしがあります。
商品に直接のしをかえる内のしの方が、気持ちを控えめに表し、包装紙の上からのし紙をかける外のしの方が、気持ちを強調します。

風呂敷のマナー

正式な場で使用する風呂敷は、絹素材のものを使用します。
あらたまった席では家紋の入った無地の風呂敷をしようすることもあります。
無地の紫色の風呂敷は、慶弔や季節を問わずに使用できるので一枚あると便利でしょう。
カジュアルな場では、絹やレーヨン、ポリエステルなどの手ごろな物を使用してもかまいません。
柄や色は、季節や目的よって様々なものがあります。
春だと明るい色で桜や若葉の柄、夏はブルーやグリーンなどの涼感のあるものやとんぼ柄、秋は茶系の落ち着いた色でもみじやすすきなどの柄、冬は黒やエンジの色で、ツバキや松竹梅の柄を使用します。
表と裏で色の違う物もあるので、このような風呂敷があると便利でしょう。
風呂敷の包み方には次のようなものがあります。
正式な包み方は「平包み」で、結び目を作らないような包み方をします。
略式の包み方に「お使い包み」があり、一般的な贈り物の際に利用され、結び目を作る包み方をします。
他にも、ビンの上で二つの角を結び、残った角を交差させて正面で結ぶ「ビン包み」や、丸みのあるものを置き、2つの隣り合う角を結び、片方の結び目にもう一方の結び目をくぐらせ取っ手にしてもつ「丸包み」があります。
Copyright (C)2017ギフトマナーの基礎知識.All rights reserved.