ギフトマナーの基礎知識

ギフトマナーの基礎知識

出産のお祝い

赤ちゃんが満1歳を迎える初めての誕生日は家族にとって大切な記念日となるはずです。

元々、誕生日を祝う習慣は近代になって欧米から伝わったものですが、満1歳の誕生日に関しては古くから日本でも習慣としてありました。
祖父母や両親、仲人、親戚などと一緒に一升もちをついて、それを赤ちゃんに踏ませたり背負わせたりします。
もちは「力持ち」とかけられおり、丈夫に育つようにという願いが込められています。
一升は「一生」とかけられており、生涯食べ物に困らない様にという願いが込められています。
一緒に祝うのは祖父母や両親などの身内がほとんどですが、親しい友人を招くのもいいでしょう。
しかし、最近では、毎年の誕生日と同様の祝い方が一般的になってきています。
赤ちゃんの初誕生日のお祝いギフトは、おもちゃや絵本、ベビー服などおれからの成長に合わせたものを選ぶのが基本です。

誕生日ごとに毎年金貨や真珠を1つずつ贈るというものもあります。
もちろん、現金やギフト券を贈っても問題はありません。
金額の目安は、祖父母の場合、2万円程度の品物や現金、友人の場合は5000円から1万円程度の品物がいいでしょう。
祝儀袋の水引は赤白の蝶結びでのしをつけます。
表書きは、「祝初誕生日」「初誕生日御祝」のどちらかです。

初節句のお祝い

赤ちゃんが生まれて初めて迎える節句を、初節句といいます。
女の子は3月3日の桃の節句、男の子は5月5日の端午の節句です。

赤ちゃんが生後1カ月以内の場合は1年後に延ばして、翌年に初節句のお祝いをします。
初節句では祝い膳や飾りを用意して赤ちゃんの健やかな成長を願います。
桃の節句では、雛人形や桃の花を飾り、ひなあられや菱餅、白酒などを備えます。
祝い膳は、ちらし寿司やお吸い物などを用意します。
端午の節句では、鯉のぼりと武者人形、菖蒲の花を飾り、ちまきや柏餅などを備えます。
祝い膳の決まりは特にありません。
初節句のお祝いを贈る時は、母親の実家から節句人形を贈ります。
段飾りの人形や大きな鯉のぼりを飾るのが良いですが、最近の住宅事情を考えると、ケース入りの小さめのものを贈るのが一般的となっています。
初節句に内裏雛、次の年に三人官女というように、年ごとの贈る場合もあるそうです。

贈る時は、初節句の1カ月前が目安です。

現金やギフト券を贈る時は、親戚の場合、5000円から1万円、友人の場合は3000円から5000円が目安です。

表書きは女の子の場合「初雛御祝」、男の子の場合は「初幟御祝」、「初節句御祝」だと男女共通で使うことができます。
祝儀袋は赤白の蝶結びでのしを付けます。

お役立ち情報

Copyright (C)2017ギフトマナーの基礎知識.All rights reserved.