ギフトマナーの基礎知識

ギフトマナーの基礎知識

人生の節目のお祝い

入学や卒業、就職、成人は長い人生において大切な節目です。

是非お祝いギフトを贈ってあげたいものです。

卒業や就職のお祝いは、一般的に親戚や親しい友人の子供など、身近な間柄で行われます。
卒業にはほとんどの場合、進学か就職があるので、お祝いの時期も重なることも多いでしょう。
この場合、入学祝いや就職祝いを優先させてまとめてお祝いするのが一般的です。

卒業祝いと併せてお祝いをしたい場合、卒業式から2週間以内に贈るようにしましょう。
予算の目安は、祖父母や親戚の場合、1万円から3万円程度、知人などの場合は5千円から1万円程度です。

水引は赤白の蝶結びでのしを付けます。
表書きは、就職祝いの場合「就職御祝」「御就職御祝」が一般的です。

新社会人へのお祝いなら「賀社会人」でもいいでしょう。
進路が決まっていない場合は卒業祝いとして贈るので「祝御卒業」「卒業御祝」とします。
成人式は、満20歳を迎え大人として認められるようになった男女を祝い、社会人としての自覚と責任を促す目的で行われています。
成人のお祝いは、基本的には家族や親せきなどの身内で行われるのが一般的です。

祝儀袋も水引は赤白の蝶結びでのしをつけます。
表書きは「祝御成人」「御成人御祝」です。

お祝いギフト選び

高校や大学を卒業する場合、贈る品物は、希望を聞くのも1つの方法です。

無難なものを選びたいなら、現金やギフト券、図書カードでもよいでしょう。
社会人になる場合、男性ならネクタイやワイシャツ、カバン、財布、ベルトなどもよく選ばれています。
女性の場合だと、ハンドバッグ、スカーフ、ブラウス、香水、アクセサリーなどがよいでしょう。
男女ともに人気のある品物は、名刺入れや定期入れ、手帳、財布などの実用品、腕時計や万年筆などです。

社会人への仲間入りを果たすわけですから、少し大人っぽいものを記念にあげるのもいいと思います。
卒業後、実家を離れて一人暮らしを始めるなど新しい生活が待っている場合、記念になる品物や新しい生活で使える家庭用品や電化製品などの実用品をお祝いギフトとして選ぶとよいでしょう。
また、品物でなくても、パーティーを開いたり、記念に旅行したりなどの方法で、新しい門出を祝ってあげるのも喜ばれると思います。
就職祝いや成人祝いのお返しは基本的には不要です。

しかし、初月給が出た時に、ささやかでもいいのでお礼の品を贈ると喜ばれるでしょう。
また、就職でお世話になった人に報告し、手土産を持参してお礼のあいさつに伺うのが礼儀です。

お役立ち情報

Copyright (C)2017ギフトマナーの基礎知識.All rights reserved.