ギフトマナーの基礎知識

ギフトマナーの基礎知識

長寿の祝い方

長寿のお祝いは「賀寿」と呼ばれており、数え年の61歳の還暦が最初のお祝いです。

室町時代に中国から伝わった風習で、江戸時代に庶民の間へと広がり祝われるようになりました。
かつては40歳のときが賀寿の始まりだったようですが、平均寿命が飛躍的に伸びた現在は、還暦からのお祝いが一般的とされています。
また、還暦の年齢でも現役の方が最近では増えているため、現在では70歳の古希から本格的なお祝いをする人も増えているようです。

長寿のお祝いは、家族や親戚、親しい友人などが中心となってお祝いするのが一般的です。

本人が感謝の気持ちを込めて親しい人を招く場合もありますが、一般的には子供や孫が祝いの席を設けます。
お祝いギフトを贈ったり、宴席で食事や歓談を行ったりしてお祝いをします。
お祝いギフトは、還暦は魔よけの色とされている赤いちゃんちゃんこや頭巾などを贈るのが一般的ですが、最近は61歳でも現役の方が多く、お年寄り扱いをされて困られてしまうことも多いです。

そのため、その人の趣味などに合ったものを贈ったり、欲しいものを聞いてプレゼントしたりするといいでしょう。
古希や喜寿は紫、傘寿や米寿は金茶など、基調色にちなんだものを贈ることが習わしとされていますが、還暦のお祝いとおなじように、あまりこだわらずその人の好みに合った物を贈るようにするといいでしょう。

長寿のお祝いの由来

長寿のお祝いの名称とその由来は次の通りです。

61歳の還暦は、60年で十干十二支が一巡し、61歳で生まれた年の干支に戻るから還暦と呼ばれます。
また「本掛還り」と呼ばれることもあります。
赤ん坊に戻るという意味合いからおめでたい色、さらに魔よけの色とされる赤いちゃんちゃんこや頭巾を贈るのが習わしとされています。
70歳の古希は、中国の唐時代の詩人、杜甫の歌「曲江」の一説の「人生七十古希稀なり」に由来されています。
昔は70歳を迎えることがとても稀であったことを歌った詩です。

77歳の喜寿は、「喜」の文字を草書体にした時の文字が「七・十・七」に見えることから「喜びの字の祝」とも言われています。
扇子に「喜」の字を書いて贈る習慣があります。
80歳の傘寿は「傘」の略字が「八・十」に見えることが由来とされています。
88歳の米寿は「米」の文字を分解すると「八・十・八」になることが由来されています。
90歳の卒寿は「卒」の略字が「九・十」に見えることが由来とされています。
99歳の白寿は「百」の字から「一」を取ると「白」になることが由来とされています。
100歳の百賀は「上寿」とも呼ばれています。
100歳以降は、毎年長寿のお祝いをします。
Copyright (C)2017ギフトマナーの基礎知識.All rights reserved.