ギフトマナーの基礎知識

ギフトマナーの基礎知識

昇進や栄転

仕事を一生懸命にしている人にとって昇進はとても喜ばしいことです。

職場の上司や同僚の昇進を祝う時は職場のルールに従い、部や課、同期などの単位で行うことが一般的です。

また、家族や親しい友人などの内輪で行うことが基本です。

派手なお祝いは慎むほうがいいとされているので注意しましょう。
これは、昇進は本人にとっては喜ばしいことですが、周囲への配慮が必要な場合もあるため、控えめに行うのがマナーだからです。

個人としては、特にお祝いギフトを贈る必要はありませんが、電話やメール、手紙などでお祝いの気持ちを伝えてあげると喜ばれるはずです。

お祝いをする時期については、正式な辞令が出てから1〜2週間後が目安です。

予算の目安は3000円から1万円程度です。

一般的なお祝いギフトは日本酒、ワイン、高級ウイスキーなどの祝杯用のお酒です。

また、ベルトなどの身の周りの物や趣味の品なども喜ばれるはずです。

現金やギフト券は、目上の人に対しては失礼にあたってしまうので注意が必要です。

祝儀袋の水引は赤白の蝶結びでのしを付けます。
表書きは、「祝御昇進」が一般的ですが、縁起の良い5文字にしたいと「御昇進御祝」とするパターンもあります。

栄転のお祝い

一緒に働いている仲間が栄転をすることは、とても喜ばしいことです。

しかし、その人との別れとなってしまうのは少し寂しい気持ちになってしまうかもしれません。
それでも、明るく送り出してあげたいものです。

職場の上司や同僚の栄転をお祝いする時、遠方への転任の場合は職場で送別会を開くのが一般的です。

職場一同で金額を分担し、花束や選別を贈ります。
特に親しい人やお世話になった人が栄転となる場合は、個人的なお祝いを贈ると喜んでくれるはずです。

お祝いギフトを贈る時は、相手の引っ越しなどの都合を考慮して、かさばらないものを選ぶように心掛けましょう。
お祝いをする時期は、昇進の時と同様に正式発表の1〜2週間後です。

また、荷造りなどもしているはずですから、遅くても引っ越しの1週間くらい前までには渡すようにしましょう。
予算の目安は3000円から3万円程度です。

祝儀袋の水引は赤白の蝶結びでのしをつけます。
表書きは、一般的なものは「祝御栄転」、縁起の良い5文字にしたい場合は「御栄転御祝」です。

実際には降格や左遷の時は、「御餞別」としましょう。
お返しは基本的には必要ありません。
着任後のあいさつとして、新たな職場での特産品などを職場宛に贈れば喜ばれるでしょう。

お役立ち情報

Copyright (C)2017ギフトマナーの基礎知識.All rights reserved.