ギフトマナーの基礎知識

ギフトマナーの基礎知識

引っ越しのお祝いギフト

引っ越しでいちいちお祝いギフトを渡さなければいけないのかと疑問を抱く人もいるようです。

引っ越しといっても、物件の購入、借り換え、転勤、海外への引っ越しなど様々です。

しかし、どの場合でも人生の船出ということは同じはずです。

なので、気持ちよく送り出してあげたいはずです。

それを形に表すという意味でお祝いギフトを贈ってみるのはいかがでしょうか。
また、家を新築することは、一生で何回も経験することではない、一大事業のためぜひ祝ってあげましょう。
なにか贈ろうと思っても、何を贈ればいいのか悩んでしまいます。
その場合、まずは予算を決めることから始めてみましょう。
予算は、その人との関係、引っ越す距離、新築祝いに招待されているかのどによっても変わってきます。
友人や知人の場合、転勤ならば1000円から5000円、新築披露に呼ばれていない場合は3000円から5000円、新築披露に呼ばれた場合は5000円から10000円です。

親戚や兄弟の場合はこの金額より高めとなります。
転勤の場合は5000円以上、新築祝いの場合は3000円から10万円が目安です。

金額が大きくなる場合は、品物よりも現金やギフト券の方が喜ばれるでしょう。
ただし、目上の方に現金やギフト券を贈るのは失礼になってしまうので気を付けましょう。

贈る品物

予算が決まれば、今度は品物です。

贈り物に困った時は、その型の新生活を想像して、そのシーンにふさわしいものを思い浮かべてみましょう。
例えば、新居でも友人に囲まれて楽しい時間を過ごしている生活を思い浮かべたら、食器がお勧めです。

ただし、食器は好みが分かれるため、相手の好みに合ったものや好きなブランドの食器などを選ぶようにしましょう。
贈る人のぬくもりが伝わるようなタオルという選択もあります。
ブランドの宣伝のようなタオルではなく、上質で吸水性の良いタオルならば、肌に触れるたびに優しさを感じてもらえるはずです。

予算があまりないという人にお勧めなのは彩りを添えることができるグリーンです。

最近では手入れが簡単なものも多く販売されています。
室内にグリーンがあるだけで癒しの効果も期待できます。
ルームフレグランスは、新居に素敵な香りを届けることができます。
ポプリを添えれば、彩りが豊かな部屋になるでしょう。
お部屋に灯りをともすランプは「先に照らす」とされ、縁起がいいものされています。
相手の好みがわからない場合、じゃまにならないような大きさのものを選んでおけば無難でしょう。
そして、引っ越し祝いにもタブーのものがあることを覚えておきましょう。
引っ越し祝いでは、家が壊れることを想像させるものは控えます。
例えば燃えることを連想させるライターやろうそく、ストーブ、焼くことを連想させる灰皿、炎を連想させる赤い花やコタツです。

Copyright (C)2017ギフトマナーの基礎知識.All rights reserved.