ギフトマナーの基礎知識

ギフトマナーの基礎知識

快気祝いで元気を報告

病気や怪我をして入院していた時に、お見舞いに訪ねてくれる人もいます。
その人達に復帰報告を兼ねて感謝の気持ち表わして贈るお祝いギフトが快気祝いです。

昔は、病気や怪我をした後、治癒した時に、看病やお見舞いをしてくれた方々をお招きして祝いの席を設け、感謝の気持ちを表して回復の報告をするという風習がありました。
それが、現在の快気祝いの原点とされています。
現在の快気祝いには、感謝と報告だけでなく、いただいたお見舞いに対するお返しの意味が含まれています。
「快気内祝い」という表現もありますが、同じ意味です。

贈る時期は、退院や床上げをした後、1週間から10日ぐらいが目安です。

贈る品物によっては、手配がすぐにできないこともあります。
一番大切なことは、電話や手紙などで、まずは第一報を知らせることです。

退院の報告が遅れたまま、街で偶然に会ってしまっては気まずくなるので注意しましょう。
退院はしたが、自宅で療養をしなければいけない場合や、通院は続けており完治には至っていない場合、快気祝いという言葉に合っているのか悩む人もいるでしょう。
快気祝いに明確なルールはありませんが、文字通りの気持ちが元気になっていたら快気祝いとしてもいいと思います。
状況的に快気祝いをすることに抵抗があれば、「御見舞御礼」や「御礼」として贈るのが一般的です。

贈り物選び

元気になったことを報告し、感謝の気持ちを表したいものの、実際にギフトを選ぶとなると迷ってしまう物です。

どのようなギフトがふさわしいのでしょうか。
快気祝いの予算は、いただいたお見舞いに対して3分の1から2分の1が目安とされています。
快気祝いののし紙の表書きは、「快気祝」とします。
水引は紅白結び切りでのしつきです。

下段には病気や怪我をした御本人の名前を書きます。
「御見舞御礼」と書く場合でも、のし紙は同じです。

病気や怪我は二度と起きてほしくないことなので、一度結ぶとほどけない結び切りを使用します。
ギフト選びのポイントがいくつかあります。
縁起をかつぐなら、病気が後を引かない様にという意味で、後に残らないものや消えてなくなるものを選びます。
スイーツや調味料などの食品、石けんや洗剤などの消耗品がいいでしょう。
しかし最近では、縁起よりも実用性が重視される傾向にあります。
そのため、カタログギフトやタオルなどが人気のようです。

反対に贈ってはいけないものもあります。
シーツのような敷物は、病気が残ることを連想させるため縁起が悪いとされています。
心配をかけた人たちに贈るのは失礼になってしまうので避けるようにしましょう。

お役立ち情報

Copyright (C)2017ギフトマナーの基礎知識.All rights reserved.